RSSアフィリエイト

2016年05月06日

大日神社の猫さん

160505_1739-01.jpg
昨日、秩父の皆野町の山の上にある大日神社の御祭でした。
お蚕様を鼠から守る猫の御札を頂いてきました。
ホワちゃんも一緒に参拝しましたがお蚕様本人が来たのは初めてで歓迎して下さいました。
氏子さんに親切にしていただき感謝です。
猫さんの凛々しいお顔に鼠もタジタジでしょう。

寄居駅で秩父鉄道のSLと三峰神社の狼さんの描かれた車両が見られ嬉しかったです(*´ω`*)

160505_1740-01.jpg
160505_1150-01.jpg
IMG_20160505_122156.jpg
IMG_20160505_114558.jpg
IMG_20160505_113603.jpg
160505_1718-01.jpg
posted by ひらりん at 20:45| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月30日

おふだにねがいを

IMG_20160430_071639_kindlephoto-1132393.jpg

IMG_20160430_071946_kindlephoto-1116180.jpg
新潟県立歴史博物館の「おふだにねがいをー呪符」展に行ってきました❗
養蚕守護の御札、蘇民将来、五芒星、晴明さん・・・長岡市、新潟と京の都との古くからの関わりがよく分かりました。
新潟まで行って良かったです💖
一緒に写ってるのは先日羽化したお蚕様の白ちゃんとホワちゃんです🐣
マシュマロみたいでやわらかくて、おっとりしてます💑
IMG_20160430_071535_kindlephoto-1086405.jpg
IMG_20160430_071608.jpg
posted by ひらりん at 07:46| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月14日

蝶々を抱く獅子

IMG_20160412_132315_hdr.jpg
IMG_20160412_131558_hdr.jpg
昨日は武蔵嵐山に行って、地元の方に養蚕について聞き取りをしたり、
オオムラサキの森でイモイモたちに会ってきました(*´ω`*)
イモちゃんまだ寝ていましたが、ワシの気配に(変態オーラ)ビクッと起きちゃったり。ごめん。

★鎌形八幡神社 
埼玉県比企郡嵐山町鎌形1993 
木曽義仲の産湯の清水と言われる井戸が残り、流鏑馬も行われます。 
坂上田村麻呂の創建とあり。 
奉納された額入りの繭玉あり。 
ひとつひとつに記名されていました。 
江戸期の拝殿を兼ねた覆屋の木鼻の獅子が蝶か蛾を抱えています。 
嵐山のシンボルのオオムラサキ、蚕かとも思いましたが時代的に違うような。 
木曽義仲と平家(蝶紋)との関係かが不明なのでまた調べます。 

同じ町内、鬼鎮神社の宮司さんによりますと、「うちで養蚕の御札を出していたのは50年前です」とのことです。 
オオムラサキの森の方にも伺いましたが「昔はお蚕さまと呼んで、夜は一緒に寝て、回転蔟を手伝うと10円貰えた。大人もお蚕さまを肩に乗せたり可愛がっていました」とのことです。 

以下、神社にあった看板より。 

嵐山町指定建造物 鎌形八幡神社本殿 
正面の建物は拝殿を兼ねた覆屋であり、本殿はその中に納められている。 
本殿は、簡素な一間社流造りで、装飾的な彫刻は、正面扉両脇・脇障子・蟇股・向拝木鼻・向拝蟇股などに限られている。
彩色もこの彫刻部分にのみ施されている。 
本殿の建立年代は、棟札に「奉再建立正八幡宮御神殿于時寛延二己巳暦三月朔日遷宮」とあり、
寛延二年(一七四九)である。しかし、新材がかなり含まれ、何度かの修理を経ているものと考えられる。
いっぽう、身舎部分に付けられた蟇股、頭貫の木鼻などの形状は、簡素な整ったものであり、
古式を踏襲したものか、あるいは棟札の年代よりもさらに古いものではないかと思われる。 
    昭和六十ニ年三月    嵐山町教育委員



🌸鎌形八幡神社追記です。境内社にワクムスビ様を祀るのがあるので、
こちらが養蚕に関係ありそうです。
下記サイトより。
IMG_20160412_131626_hdr.jpg
IMG_20160412_131854_hdr.jpg
IMG_20160412_132459_hdr.jpg
IMG_20160412_132355_hdr.jpg
IMG_20160412_132534_hdr.jpg
IMG_20160412_132652_hdr.jpg
IMG_20160412_133628_hdr-c4114.jpg
IMG_20160412_133617_hdr-02695.jpg
IMG_20160412_150549_hdr.jpg
IMG_20160412_150710_hdr.jpg
posted by ひらりん at 00:36| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月28日

蚕の神さま展

昨日、熊谷市のkyunoで開催された「蚕の神さま展」にリツくんと行ってきました(゚ー゚*)
養蚕信仰に纏わる貴重な掛け軸や御札が展示されておりました。
神々様に優しく、いとおしそうに繭やイモイモが掌に乗せられた姿にとても感動しました。
養蚕は命をいただくことでもあります。
それで生計をたてる人々の畏敬の念も伝わって来ました。
私の曾祖母も養蚕農家だったのでよくわかりました。
とても有意義な1日でした。
また自分も地元の養蚕について調べようと思います。
160327_0907-01.jpg
E38395E382A1E382A4E383AB0045.jpg
E38395E382A1E382A4E383AB0039.jpg
E38395E382A1E382A4E383AB0044.jpg
長年会いたかったお蚕さんをネズミから守る猫絵の御札もありました。
これは埼玉県秩父郡皆野町鎮座の大日神社の猫さん。
凛々しいです😻
160327_0925-01.jpg
帰りに寄った熊谷市熊野町鎮座の宇佐稲荷さんでは餅で作った紅白の繭玉が御供えしてあり、
この地の養蚕信仰の名残です。
160327_1106-01.jpg
posted by ひらりん at 06:21| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月25日

インセクトフェアと将門さま

150923_1628~01.jpg150923_1631~01.jpg150923_1630~01.jpg150923_1629~01.jpg150923_1631~02.jpg


インセクトフェア、大盛況でした!
ブースに足を運んで頂いた皆様、深く御礼申し上げます平謝り
ありがとうございます(*´∀`)
初めての参加でガクブルしていましたが、友達の助けもあり、
また皆様の暖かいお声がけもありなんとかなりましたあせあせ(飛び散る汗)
また来年も参加したいですキャラクター(万歳)

お彼岸なので御先祖さまの将門さまの首塚にお参りしました。
インセクトフェア会場のサンケイプラザから三分の近さおやゆびサイン
陽くんも一緒にお参りしました…将門さま、「また蝶々連れてきた('A`)まったく…」と(笑)

三井物産ビルが工事中で、塚の上に何か落ちても問題ないように屋根が設置されていました。
この心遣いに感謝です顔1(うれしいカオ)
やはり将門さまは愛されてます。

ちなみに陽くんは今日も元気ですきらきら
posted by ひらりん at 16:53| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月22日

一陽来福

140914_2305~01.jpg


おはようございます(*´∀`)
本日は朔旦冬至で今日からまた陽が長くなります。
太陽復活のパワー始まる日です。
神社では一陽来復(福)の御札、御守を授与する所があります。
よい1日をお過ごしくださいo(^-^)o
posted by ひらりん at 06:51| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月06日

羽化るお守り

140205_1510~01.jpg140205_1511~02.jpg140205_1511~01.jpg


再来週は大切な試験があるので、「石川県ふれあい昆虫館」さんが授与している
「羽化るお守り」を受けました双葉
中にはオオゴマダラの蛹の脱け殻が入っています。

うちのイモイモたちがこの先、無事に羽化できるようにとの願いもこめてキャラクター(万歳)

みんなで羽ばたきたいですくす玉(アタリのくす玉)きらきら

―――――――――――――
「うかる合格お守り」

 チョウがサナギから成虫になることを「羽化する」といいます。この「うかする」ことを「うかる」とかけた、昆虫館ならではのオリジナルグッズです。
 実際に飼育をして成虫になり、羽ばたいて飛んでいったチョウのサナギの殻が、お守りの中に入っています。
 試験を受ける皆さんに、少しでも元気になってもらえたらと考え、作製したお守りです。
 受験生の皆さんも、大きく羽ばたいていただけたらと願っています。

テントウムシふれあい昆虫館ホームページテントウムシ
http://www.furekon.jp/omamori.html
posted by ひらりん at 03:31| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月30日

オオムラサキの羽化(うか)る神社

つ、ついにオオムラサキが神様に・・・(∩´∀`)∩ヤッター
うちの歴代の子供たちが「崇めよー(゚∀゚)」とか言い出しそうなw

----------------------------------------------------------------------
羽化(うか)る神社を設置

ukarujinja.gif

八ヶ岳ジャーナル 2014年01月26日

長坂町の北杜市オオムラサキセンターでは、オオムラサキがサナギから羽化(うか)≠オて、大空に力強く羽ばたくことにあやかり、合格祈願の「羽化る神社」を同センター内の森林科学館に設置した。  また、フェルトを使った「羽化るマスコット」のお守りづくり体験も行っている。
 フェルトで作りお守りは、オオムラサキのサナギをイメージした「サナギ形」と、幼虫は木から落ちないことから「幼虫形」、繭玉から幼虫が顔を出す三パターンで、芯になるフェルトに願い事を書いてニードルを刺して編み上げる。
 完成したお守りのマスコットは、オオムラサキをご神体にした「羽化る神社」で祈願して持ち帰ってもらうことにしており、本格的な受験シーズンを前に、「受験者や資格取得者などの願いが叶えば」と話している。

 フェルトを使ったマスコットづくり体験は三百円。

http://www.webtoday.jp/2014/01/post_1961.html
-------------------------------------------------------------------------------

イモイモ「ふっふっふっふ・・・|д゚)」

130521_1643~020001.jpg

イモたちも皆ちゃんと大きくなって羽化するんだよー!!

posted by ひらりん at 23:30| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月29日

三年ぶりの京都

130126_1238~020001.jpg130126_1328~030001.jpg130126_1417~010001.jpg130126_1418~020001.jpg130126_1422~030001.jpg


先日、大阪にて人生のターニングポイントがありまして、行ってきました。
結果は厳しいかもしれませんが諦めずに何度でもチャレンジします(`・ω・´)

その報告もあり、三年ぶりに京都に行きました。

北野天満宮、大将軍八神社、白峯神宮、晴明神社…
お忙しいなか、お話してくださった神職の皆様と神々様に深く深く感謝致します。
もっともっと頑張ります!

赤目の牛さん、ずんぐりくんも元気で何よりでした(*´∀`)
posted by ひらりん at 17:34| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月30日

東峰神社参拝

120325_1008~010001.jpg120325_1007~010001.jpg120325_1005~030001.jpg120325_1005~020001.jpg120325_0957~020001.jpg


先日、久しぶりに成田空港近くの東峰神社に友達と参拝してきました。
相変わらず神社のすぐ上を飛行機が飛び、轟音を撒き散らしていました。
境内では梅やドウダンツツジが咲いて、春を告げていました。
地元の方のご好意で、今回、染井吉野を植えさせていただきました。
花芽がついてるのでもうじき咲くと思います。
添え木に使った竹にはてんとう虫がくっついていて、可愛かったです(*´∀`)
桜、元気に育ってもらいたいです。
地元のみなさま、東峰神社の神様、ありがとうございます。
posted by ひらりん at 16:45| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月27日

晴明神社と土産物店、グッズめぐり対立

平安時代の陰陽師(おんみょうじ)、安倍晴明を祭る晴明神社(京都市上京区)と隣の土産物店が、店が販売する晴明関連のグッズをめぐって対立している。神社は「神を冒?(ぼうとく)する」とグッズを境内に持ち込まないよう求める立て看板を設置。店側は、営業権を侵害されたとして、妨害排除を求める仮処分を京都地裁に申し立てた。
 土産物店は、西陣織のネクタイ製造販売も手掛ける「田島織物」。陰陽師ブームを受け、2002年に関連グッズを販売し始めた。グッズは、開運や厄よけなどの御利益をうたうブレスレットや、晴明ゆかりの「五芒星(ごぼうせい)」入りの呪符など700〜800種類に上る。
 同神社によると、「五芒星」を使うことは当初認めていた。店は晴明を模した3頭身のキャラクターなどさまざまな商品を登場させ、近年のパワースポットブームなどを受け販売を拡大したという。
 山口琢也宮司(51)は「晴明公の偶像化や呼び捨てで信仰対象の神がおとしめられた。神社が祈祷(きとう)もしていない土産物を開運をうたって販売し、参拝者に誤解を与えた」として昨年8月、販売中止を文書で要請。協議でも折り合いがつかず、11月に看板2枚を境内に設置した。
 これに対し、田島織物の田島恒保社長(70)は「文書が届くまで定期的に寄付もしてきた。神社の要請は寝耳に水。要請を受け、晴明の文字が入った商品のネット販売や製造の発注は打ち切ったが、神社側は全関連グッズの販売中止を求めてきた」とし、神社の要請を拒否。昨年末には、神社側の看板設置で、昨年11月の売り上げが前年同月に比べ3割減ったとして、京都地裁に仮処分を申し立てた。
 田島社長は「晴明のイメージや五芒星を使った商品の意匠保全登録を申請した際に『晴明は歴史的人物で、五芒星は公知の意匠』として退けられた。弁護士から販売は違法ではないと助言を受けている」と話し、看板設置で売り上げの減少が続く場合は訴訟も辞さない、としている。

京都新聞 1月25日(水)11時29分配信

posted by ひらりん at 21:05| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月05日

神田明神のあかりちゃん

120104_1434~020001.jpg120104_1441~010001.jpg120104_1445~010001.jpg120104_1447~010001.jpg120104_1450~010001.jpg


昨日、友人たちと淡路町で新年会をやったあとに、ワシの我儘で神田明神にお参りした。
やっぱり近くまで来て、ご先祖に挨拶しないのは無礼だなと思い。

知人の元全共闘氏に将門様の御札いるか電話したら、めっちゃいる!とのことで、御札を受けた。
どうか先祖の御加護がありますように!

あかりちゃんというポニーが明神会館の前にいて大人気。
歳を重ねるにつれ白くなるという。
大変お利口で参拝者に愛想を振り撒いていて、ワシもメロメロに(*´Д`)ハァハァ
初めて馬さん触った。
案外もふもふで更に(*´Д`)ハァハァ
近づいて来てくれて、頭を押し付けて「ナデナデしてよ」と。
たまらーんヽ(`Д´)ノと萌えが爆発した。
将門様もこんな可愛い御使いがいて嬉しいだろうなぁ(*´∀`)
posted by ひらりん at 19:19| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月08日

平安の「厄払い」再現へ 京都市埋文研、10月体験催し

これはすごい(*´д`)
戻り橋でやるって言うけど、あそこにゃあまだ晴明さんの封じた式神の石櫃が埋まってるから…目覚めちゃったりして(`・ω・´)
すでにうちには派遣式神(じつはクビ?)小太郎がいるけどねっ!

晴明さん「これ、小太郎。またご飯が一品足りぬのだが…('A`) 」
小太郎「はっ、毒味をしておりましたところ、なにやら怪しい味だったもので…(`・ω・´)」
晴明さん「毎日そればっかじゃん('A`) もうクビ!!」

つか、これ見に行きたいなあ。いいなあ。
ていうか、昭和50年代の河川改修工事で見付かって、畏れる余りに埋め戻してしまった石櫃はどんなだったろう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
平安の「厄払い」再現へ 京都市埋文研、10月体験催し
http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20110908000071

20110908123118doki.jpg

平安時代の「厄払い」を体験してもらおうと、京都市埋蔵文化財研究所と市考古資料館が、人面土器など当時使われた祭具を川に流す「古代祭祀(さいし)体験in一条戻橋」を10月1日に実施する。陰陽師(おんみょうじ)安倍晴明ゆかりの堀川・一条戻橋(上京区)を舞台に、平安の儀式を再現する。
 災害や疫病が悪霊の仕業と考えられていた長岡京や平安京では、人びとは災いを払うため、人の顔を描いた「墨書人面土器」や、木簡を人の形に削った「人形代(ひとがたしろ)」に悪い気を込めて川に流したり土に埋めたとされている。土器や人形代は市内の発掘調査で多数見つかっており、同資料館で展示している。

 調査で明らかになった古代の人びとの祈りを実際に体験してもらおうと企画。祭祀に通じた平安時代の陰陽師安倍晴明にゆかりが深い一条戻橋から堀川第一橋の間の堀川を会場にする。参加した市民が、用意した土器や人形代に顔や願いを書き込み、当時の風習どおりに土器などを軽くなでて息を吹きかけた後、川に流してもらう。流した土器類は下流で回収する。
 市考古資料館の辻純一館長は「当時の儀式を知ってもらうとともに、今年は東日本大震災が起きているだけに、平安への願いも込めて流してもらえれば」と話している。

 午後1時開始(悪天候の場合は15日に順延)。先着300人。無料。問い合わせは同資料館TEL075(432)3245。
【京都新聞 2011年09月08日 12時51分 】

posted by ひらりん at 16:02| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月24日

首塚に傘

110423_1202~01.jpg110423_1202~02.jpg


昨日は酷い雨だったが将門さまの首塚に行ってきた。
んで…あれ?なんかあるぞ( ´_ゝ`)

傘ーッ Σ(´д`;)

とてつもなくシュールな光景に固まるも、傘をかけてくれた優しい人を思うと嬉しくなった。
ご先祖もびっくりしたろうけど嬉しかったろうな。
posted by ひらりん at 07:33| 埼玉 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月18日

燈籠倒壊

110313_0949~01.jpg110313_1100~01.jpg110313_1101~02.jpg


今回の地震で被災された方々、街が一日も早く復興しますように強く祈っております。
そして、亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。


埼玉県岩槻区の武蔵第六天神社では地震で燈籠が三基倒壊、
拝殿の奉納のお酒が割れた。
近隣の社寺でも鳥居や狛犬が壊れたそうだ。

構造上、不安定なカタチのものが多いので地震の後は危ないので気を付けて下さい。
posted by ひらりん at 23:50| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月27日

晴明神社、五芒星輝く門が遠隔操作で開閉

晴明神社、五芒星輝く門が遠隔操作で開閉

20101227124123seimei.jpg


平安時代の陰陽師(おんみょうじ)、安倍晴明をまつる京都市上京区の晴明神社の入り口に、遠隔操作で開閉する電動の木製門が完成し、27日に竣(しゅん)工奉告祭と清祓(きよはらい)式が営まれた。晴明が人の目に見えない式神(しきがみ)(精霊)に門を開閉させる様子を再現したという。

 同神社は、1007年に晴明の住居跡に創建したと伝わる。晴明には数々の伝説や逸話が残っており、門の開閉もその中の一つ。古くなっていた境内東側の塀重門を新調するにあたり、伝説にちなみ式神のように人の手を介さずに開閉させようと考え、5年前から構想を練っていた。
 門は木製で高さ約3メートル、幅2・7メートル。観音開きになっており、リモコン操作で片側ずつゆっくり開閉する。両扉には、社紋の五芒(ぼう)星を金色で描いた。
 山口啄也宮司(50)は「現代は電動式だが、扉が開く様子は千年前と同じはず。見た人に楽しんでもらいたい」と話している。開閉は一日2回。開閉の様子は、午前9時の開門と午後6時の閉門時に見ることができる。

2010年12月27日 京都新聞 http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20101227000053
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
>式神(しきがみ)(精霊)に門を開閉させる様子を再現したという。

式神さん、失業しないだろうか(´・ω・`)
それにしても立派でかっこいいなあ。
★が最強。

そういえば小太郎の背中にも白い星があったけど、白髪が増えて何がなんだかw
晴明さんにリストラされたのか、派遣でうちに来てるのかは謎。

来年は行きたいなあ。
posted by ひらりん at 20:52| 埼玉 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月20日

再び東峰神社へ

去る10月10日、1年4ヶ月ぶりに成田市東峰の東峰神社へ参拝した。
当日は成田空港反対集会もあり、現地は物々しい警備だった。

クリックで画像拡大できます。

機動隊2.JPG

神社へは「三里塚に勝手に連帯する」、三里塚勝手連の皆さんと。
すぐさま警察の黒い車が来て職務質問…と思いきや
「ただの参拝ですよね、ならいいです」とすぐに行ってしまった。
エエエェェェ(゚д゚ノ)ノェェェエエエ
珍しい。だから雨が降ってたのか。
ちなみにワシの知人の元全共闘氏は参拝したら公安に付きまとわれてウザかったとの事。

東峰正面2.JPG

東峰正面.JPG

秋の草刈の前だったので草が覆い茂っていた。
賽銭箱はないけれど、枡が置かれていて小銭が溢れていた。
集会だからだろう。
日ごろの感謝と地域の安全を祈った。
去年参拝してから、沢山のいいご縁があり、縁結びの神様ではないかと思うほど。
ありがたい(*゚ー゚)

神社の周りはフェンスで囲まれているが、透けてる部分がある。
ここから参拝者を監視している。
有刺鉄線には電流が流れている。

東峰参道.JPG

東峰監視フェンス.JPG

最初に行ったときからの疑問で、何故狛犬が1匹しかいないのだろうと訊いたところ、
何者かに盗まれたのだという。
とんだ罰当たり者である。
いまからでも、こっそり返してくれないかな…(´・ω・`)
親子の狛犬は淋しそうに帰りを待ってる。

東峰狛犬.JPG

東峰狛犬親子.JPG

以前の日記でも触れたけれど(http://kotarozonu.seesaa.net/article/121441138.html)
ここは東峰神社と名乗る前は航空神社だった。
前の日記より。
−−−−−−−−−−−−−−
東峰神社は元々は航空神社と言う名前で、成田空港とは全く関係ないが、
地元の航空機製造会社にあった神社が提供されたものだそうだ。
それで、アメノトリフネ神が祀られていたが、成田空港問題に絡んで彼等が三里塚を去ったため、
神社だけが残り、地元の鎮守となる。
−−−−−−−−−−−−−−
今でもその名残が社名の裏に残っている。

東峰 航空神社.JPG

神社の上を、畑の上を飛行機が飛んでいく。
これからそれが30万回に増える。
羽田に負けじと言うのだろうが、都心からの距離を考えたらもう役割は十分に果たしたんじゃないかとも思う。
成田は遠すぎる('A`)
そしてまだ闘う人がいる。

畑と飛行機.JPG







posted by ひらりん at 18:49| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月15日

川越〜ビーグル岩〜銀杏稲荷

100615_1058~02.jpg100615_1029~02.jpg100615_1331~06.jpg100615_1118~02.jpg
image/2010-06-15T13:56:451


今日は病院。
終ってからモトコンポで川越へ。

川越のアニメイトの近くの一方通行の途中に、樹齢600年の夫婦銀杏のまします稲荷神社がある。
今は鬱蒼と葉が繁り青々としているが、秋になると黄金色に輝いて美しい。
とにかくでっかくてびっくり。
でっかいことはいいことだ(`・ω・´)

氷川神社についたら、妙なおみくじを発見!
盥に鯛がいっぱいいる!釣竿もある!
…これで釣るみたいでやってみた。
張り子の鯛のお腹におみくじが入っていた。
大吉キタ━━━━(゜∀゜)━━━━ !!!!!
なかなか面白い。

戌岩、ちゃんと犬に見えるか…
今回はちゃんと犬に見えた。
て言うかやっぱりビーグル。
小太郎にしか見えないw
でっかい小太郎だ(笑)
posted by ひらりん at 13:55| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月27日

NHKで明日、晴明さんの番組

28日の夜、NHKで安倍晴明さんの番組をやります。
さっそく録画予約しておきました!

http://www.nhk.or.jp/historia/schedule/index.html
「歴史秘話ヒストリア」謎の呪術使い 陰陽師の真実
〜不吉な“鬼”を追いはらえ!〜
平成22年4月28日(水)22:00〜22:43 NHK総合
posted by ひらりん at 21:22| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月01日

大銀杏芽吹く!!

やった!!やったぜ!!
みんなの願いが通じたんだ・゚・(ノД`)・゚・。
大銀杏さんがんばれっ!!

-----------------------------------------
大イチョウから無数の芽=「大切にしたい」-鶴岡八幡宮

4月1日21時13分配信 時事通信
 強風などで先月10日に倒れた鶴岡八幡宮(神奈川県鎌倉市)の大イチョウの根があった部分から、新芽が出ていることが1日までに、確認された。芽は1センチ以下の長さだが、無数に芽吹いているという。同八幡宮が数日前から確認し、1日発表した。同八幡宮は「大切に育てていきたい」としている。
 鶴岡八幡宮は先月、大イチョウの根元部分を石段脇に植え直し、同月18日には、根があった部分の再生も含め祈願祭を実施。境内に設置された記帳所では同月17日以降、約2万5000人が回復を願い記帳した。植え直した根元部分からは芽は出ていないという。 
--------------------------------------------------------
posted by ひらりん at 23:20| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする