RSSアフィリエイト

2013年03月29日

<金魚>奇跡、マンホールに2匹 工事中に発見 鳥取・米子

<金魚>奇跡、マンホールに2匹 工事中に発見 鳥取・米子

毎日新聞 3月28日(木)17時27分配信

kingyotyan.JPG

◇暗くて餌なく「何年ここで生きてきたのか」

 耐震化工事中の鳥取県米子市公会堂(同市角盤町2)の敷地にあるマンホール内で赤色の金魚2匹(体長約12センチ)が見つかった。
2匹がいたのは暗くて餌のない場所で、工事関係者は「何年ここで生きてきたのか。奇跡だ」と驚いている。

工事担当会社の山陰支店長代理、和田敏男さん(52)が2月下旬、点検のためマンホールのふたを開けて見つけた。
「赤い色が見えたが、まさか金魚とは。内部は水たまりと泥だけで、餌になるものはなかった」。
現在、和田さんが会社で水槽に入れ、餌をやりながら保護している。雌雄は不明。

 マンホールの内部は、すぐ横の鑑賞用の池(直径8.6メートル)とつながる排水溝で、池との間にはごみよけネットが付けられている。
公会堂の後藤哲郎副館長は「金魚が小さい時に池からネットを抜けてマンホール内に入り、成長したため池に戻れなくなった」と推理する。
昨夏、池にいた小魚約60匹をすくい上げて旧加茂川に放流したが、2匹には気づかなかったという。

 公会堂の工事は来年2月に完成し、同3月にはリニューアルオープンする。池や排水溝は撤去されるため、金魚の戻る場所はなく、和田さんは「どうしたものか」と思案中だ。【小松原弘人】
-----------------------------------------------------------

金魚ちゃんたち助かってよかった(つД`)
どうか、どうかちゃんとした家族が見付かって長生きしますように!!
うちの金魚さんと同じ和金だし余計に幸せを祈ります。
posted by ひらりん at 00:12| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック