RSSアフィリエイト

2008年06月13日

最近読んだ本/幻の揮毫・レッド・アンラッキーヤングメン

相変わらず偏った本しか読んでいない。
だから、人にお勧めできるかどうか分からないけれど
久々に読書感想。

まず1冊目。
原宿にある東郷神社の名誉宮司松橋暉男さんの「幻の揮毫(きごう)」(毎日ワンズ)。
三島由紀夫、大正天皇、近衛文麿、東条英機、東郷平八郎、山本五十六…日本の近代史に深く名を残した人々が熱き思いを書に残した。
その貴重で歴史的な書を紹介し、現代に語りかける一冊。
しかし、本書はその「書」だけにはとどまらない。
松橋さんが神職と言う立場から、靖国神社に祀られるA級戦犯の分祀について独自に語っている。
どうやったら皆が気持ちよく参拝できるか、最良の策は…松橋さんの試行錯誤と苦悩。
御魂を東郷神社の海の宮に、中国に媚び諂うのではなくといった非常に意義深い本である。
分祀に賛成であろうと反対であろうと是非読んでいただきたい。

maborosi.jpg

2冊目は山本直樹の「レッド 1」(講談社)。
山本直樹はエロの金字塔のみならず、ビリーバーズなどの社会派的な漫画も描いてきた。
その作風は革命的と言うといい過ぎかもしれないが、
漫画表現における数々の新境地を開拓した。
レッドもそうだろう。
レッドは1969年から始まる、学生運動終末期から始まる「京浜安保共闘」と「赤軍」をモデルにした架空の話。
架空と書いたが、淡々とした話の進み方は息苦しさを増していき、
若者達が何故過激な行動を…やがては総括と言う名の仲間の粛清に至るかをリアルに描いていく。
単行本はまだ1巻しか出ていないので、まだ山荘は出てこない。
キャラクターの頭にはナンバーが振ってある。
このナンバーは十数名に振られてあり、いつもどのコマにもつきまとっている。
ナンバーは死んでいく順番を表したもの。
今まで和気藹々と活動をともにしていた彼らがどうして狂気に駆られていくのか、そういったリアルを増すための新しい表現方法とも言える。
今までの山本直樹とは違う作品(のような気がする)。
ただ、あの時代に興味がないと肩透かしを食らう可能性が大でもある。
自分にとっては好きな作品になったが…

red.jpg

3冊目は藤原カムイ+大塚英志の「アンラッキーヤングメン」(角川書店)。
これも「レッド」と同じく学生運動の時代、1968年からの物語。
若い男女がそれぞれに抱く「革命」への思い。
運動、性愛、裏切りに打ちのめされても生きていくアンラッキーな人々。
映画を撮るからと書かれたシナリオは3億円事件を実行に移すものだったり、
三島由紀夫、盾の会が出てきたり。
よど号ハイジャックも描かれる。
虚構と現実が入り混じった不思議な空気と存在感を持つ作品。
藤原カムイは以前、押井守のシナリオによってアメリカではなくドイツに占領された後の高度経済成長期の日本を舞台にした
首都警(特機隊)とセクトの攻防を描いた作品、「犬狼伝説」を出している。
繊細ながらも濃密な描写は60年代後半の頽廃的ながらもどこか夢見心地な世界を上手く紡ぎだしている。
「アンラッキーヤングメン」はその世界を描ききった藤原カムイだからこそ完成しえた作品ではないだろうか。

「そのうすにがき舌觸りに、われは知る、テロリストのかなしき、かなしき心を。」

un-lucky.jpg


posted by ひらりん at 19:27| 埼玉 ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
超遅ればせながらRED第一巻読みました。まだ展開はこれから、といった感じですが、個人的に既刊の2〜3巻の内容以上に作者がどういった形であの総括リンチを文字通り「総括」するかの方が興味があります。連合赤軍事件扱った映画を過去3作も観てるんですが、若松孝二の「実録・あさま山荘」では「主犯である森・永田と見て見ぬフリをしていたメンバーが悪い、それ以外の彼らの行動はすべて正しかった」という主張、「光の雨」に到っては「僕らの世代はあの時代をどう語っていいのか分からない」という実に曖昧な纏め方(よーするに総括できてない!)に終わっているので山本直樹氏がどう出るかというのが気になるところです。ていうかむしろこの人の既作を一つも読んでないのでぜひ山本直樹氏のエロマンガを読んでみたくなった。なんかファンにカルト的傾向があるっぽいんで色んなタイトルが乱立してるんですがオススメとかあったらひっじょうに勝手ながら教えていただけないでしょうか。これなんかどうだろう(;´Д`)http://www.amazon.co.jp/dp/4872579135/
っていうかこの人の絵は漫画漫画してるけど男が半分以上黒髪メガネなのにちゃんと描き分けできてるし当時の情景が見事に再現されてるしアシスタント使わないで描いてるってだけでもすごいと思った。
Posted by 加藤 at 2010年05月04日 02:49
>加藤氏
山本さんがこれにどうやって決着つけるか興味は尽きないねえ。
今までの映画も手記もみんなファンタジー入ってると思うんだ。
そこをどうやって料理していくか。
レッドは淡々とした運びだけに怖いよなあ。

オヌヌメは今話題の非実在青少年より遡ること20年の、有害図書指定で槍玉に挙げられた「BLUE」かな。
レッドにブルーw
あとは「テレビばかり見てると馬鹿になる」とか。
リンク先の本に出てる水着少女のお話はマニアにはグっと来るものがある。
脇フェチとかにも。
最近のよりも昔のほうが面白いかも。
「堀田」は…夢オチだからちょっと…orz
東京大学物語に匹敵するがっかりがあった。

パソコン漫画のさきがけで、いまだに当時のソフト使ってるらしいので恐れ入谷の鬼子母神だわ、マジで。
Posted by ひらりん at 2010年05月04日 19:53
長文レスありがとうううう(;´Д`)早速買ってみますよ、恋愛モノったら「げんしけん」と「最カノ」ぐらいしか読んだことない全脳真性童_貞の漏れにはついていけないかもしれないけどそのときはそのときであります。どうもありがとうございます。
Posted by 加藤 at 2010年05月06日 18:30
ああやっとわかった(;´`)このブログたまに全く書き込み受け付けないことがあるんでずっと疑問だったんだけどあれだ、禁止ワードに抵触してると書き込みエラーになるんですね(;´Д`)ノ[童][貞]
Posted by 加藤 at 2010年05月06日 18:32
>加藤氏
あー済まぬ。
コメ欄に業者が書き込むのでNGがあるとです。

童 帝いいじゃん。
小太郎なんかωないのにまだサカっとるしw
悟りという言葉に隠された真実に近づく日も近いかもですよ。

百 合的な意味でオヌヌメは志村貴子さんの青い花かな。
つべでアニメも見られるよ。
Posted by ひらりん at 2010年05月09日 03:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック